カリキュラム

小顔補正立体カット 基礎認定コース

内容
  1. STEP BONE CUT 理論と、髪に命を与え自由な動きをデザインする SWING CUT の習得
  2. 毛量とウエイトの位置をバランスする小顔補正、究極の似合わせ基本テクニックの習得
  3. 総合復習と技術チェック/認定テスト
対象者 日本小顔補正立体カット協会に入会された方
社内外講習 社内に STEP BONE CUT マスター認定スタイリスト、認定講師が在籍するサロンは、「小顔補正立体カット 基礎認定コース」を社内で実施可能。
※マスター認定スタイリスト在籍サロン:認定試験は協会本部で受験
※認定講師在籍サロン:認定試験本部受験免除
習得できる知識・技術
  • STEP BONE CUT 基礎理論
  • SWING CUT & ウエイト確認
  • スウィングボブ & レイヤースタイルと顔型による小顔補正のテクニック
習得できる資格・特典
  • 小顔補正立体カット認定スタイリストの商標使用可
  • STEP BONE CUT オリジナルプロダクト販売可
  • 認定スタイリストを技術管理者としたサロンは「小顔補正立体カット認定サロン」として登録
  • 「小顔補正立体カット認定スタイリスト」認定証発行
  • 「小顔補正立体カット認定サロン」認定証発行
活用事例 カット料金+2000円のメニュー提案
カットメニューを既存のカットと小顔補正立体カットの2ラインで設定し、お客様にセレクトしていただくようにします。 単価アップと差別化のファーストステップ。

小顔補正立体カット テクニック認定コース

内容
  1. カットで骨格を補正するということは、どういうことか?
    立体的なメリハリのあるデザインをカタチにするテクニックを習得
  2. STEP BONE CUT だからこそかのうなパーマ・からーテクニックを習得
  3. 総合復習と技術チェック/認定テスト
対象者 「小顔補正立体カット 基礎認定コース」を合格された方
社内外講習 社内に STEP BONE CUT マスター認定スタイリスト、認定講師が在籍するサロンは、「小顔補正立体カット テクニック認定コース」を社内で実施可能。
※マスター認定スタイリスト在籍サロン:認定試験は協会本部で受験
※認定講師在籍サロン:認定試験本部受験免除
習得できる知識・技術
  • カラー率アップの秘密:前下りボブ & STEP BONE CUT からー
  • パーマ率アップの秘密:Aラインレイヤー & STEP BONE CUT 3分パーマ
  • 誰でも似合わす小顔ショートスタイル
習得できる資格・特典 「小顔補正立体カット テクニック認定スタイリスト」認定証発行
活用事例 +パーマ・カラーで単価アップ!
今まで形にできなかったヘアデザインの限界を超える。 STEP BONE CUT を使うことによってできるオリジナルスタイルで提案の幅を広げる。 もちの良さと再現性の高さで再来率アップのセカンドステップ。

STEP BONE CUT マスター認定コース

内容
  1. わずか4種のスタイルを応用することで、ほとんどのサロンスタイルに対応させる技術の習得
  2. STEP BONE CUT をでっさん・展開図に落とし込む技術を習得
  3. 総合復習と技術チェック/認定テスト
対象者 「小顔補正立体カット テクニック認定コース」を合格された方
社内外講習 社内に STEP BONE CUT 認定講師が在籍するサロンは、「STEP BONE CUT マスター認定コース」を社内で実施可能。
※認定試験は協会本部で受験
習得できる知識・技術
  • STEP BONE CUT スター理論
  • 展開図とブロッキング・各セクションの役割
  • 似合わせとトータルバランス
  • 小顔セクションによるタイプ別に合わせ
習得できる資格・特典
  • 「STEP BONE CUT 認定スタイリスト」の商標使用可
  • 認定スタイリストを技術管理者としたサロンは、「STEP BONE CUT 認定サロン」として登録可
  • 基本・テクニック認定コース自社内講師◇
  • 「STEP BONE CUT 認定スタイリスト」認定証発行
  • 「STEP BONE CUT 認定サロン」認定証発行
活用事例 ブランディング・サロンスタッフへの技術統一
STEP BONE CUT 認定サロンとしての技術統一を図ります。 カリキュラムの充実・スタッフの離職率低下・カット習得が速くなり生産性アップ。 STEP BONE CUT 認定マークでお客様の安心感アップ。 広告促販物や名刺に掲載し、他店との差別化を図ります。

STEP BONE CUT 講師認定コース

内容
  1. セミナー講師としての技術(プレゼンテーションのスキルアップや自己ブランディングのベースづくり、及びセミナーノウハウなど)の習得
  2. 総合復習と技術チェック/認定テスト
対象者 「STEP BONE CUT マスター認定コース」を合格された方
習得できる知識・技術
  • セミナーのすすめ方
  • 立ち上がりの10分間 & 強み分析
  • デモンストレーション
  • プレゼンテーション
習得できる資格・特典
  • マスター認定コース自社内講師資格
  • 基礎・テクニック認定コース自社内検定資格
  • 「STEP BONE CUT 認定講師」認定証発行
活用事例 環境づくり
自社で講師として活躍すること、社内検定を通じ自社の社員に対して責任を持つことは、スタッフの教育にも繋がります。 自社での講師活動を通じて、幹部が育つ環境づくりを目指します。
基礎認定
コース

SWING CUT 習得

テクニック認定
コース

実践応用力・販売力アップ

マスター認定
コース

【自社内】基礎・テクニック認定コース講師資格

講師認定
コース

【自社内】マスター認定コース講師資格
【自社内】基礎・テクニック認定コース講師資格

※登録法人所属者のみ受講可

外部活動講師
(エリアディレクター)

【社外】基礎・テクニック認定コース開催
【社外】基礎・テクニック認定コース講師資格
【社外】基礎・テクニック認定コース検定資格

よくあるご質問

セミナーは必ず基礎コースから受講しないといけないですか?

必ず基礎認定コースからのご受講となります。 STEP BONE CUT は特殊なカット技術のため、まず基礎認定コースで素振りやシザーワーク等を徹底的に学んでいただきます。 その後、テクニック認定コースで実営業に役立つ応用を学び、マスター認定コースで細部まで習得していただくという流れとなります。

自サロン内で学んだことを教えることはできますか?

マスター認定で資格認定されますと、基礎認定コース、テクニック認定コースを自社内で教えることができる社内講師としての資格を取得できます。 基礎認定コース、テクニック認定コースの教本をお渡ししますので、そちらに従い社内で正しくご指導ください。 認定テストは日本小顔補正立体カット協会本部にて受験ください。

コースを受講する際、受講料以外にかかる費用はありますか?

受講料以外に専用シザー(68,000円)、認定登録料(20,000円)、講習時の専用ウィッグ(4,500円×使用台数分)が必要となります。 認定後は、特許取得技術をご使用いただくため、年に一度、ライセンス更新費用(10,000円/マスター認定からは30,000円)が必要となります。

必ず専用シザーやカットローションを使用しないといけないですか?

STEP BONE CUT は今までになく斬新かつ、とても繊細なカット技法です。 専用シザーは、シザーによる誤差をなくし、完成度を上げることを第一に開発されました。
専用シザーは STEP BONE CUT の独特のフォルムや質感、そして髪が生き生きと揺れ動く自由なデザインを実現させます。

現在、95%の美容師がウェットでのベースカット後、ドライで削いで毛量調整するというカット技法を行っていますが、STEP BONE CUT では、水ではなく専用カットローションに浸された髪を削がず、柔らかなバターを切るようにやさしくカットします。
結果、髪を傷ませず、逆に専用カットローションの高濃度栄養が髪や肌に浸透することにより、使うほどに髪をしなやかにします。
また、肌にハリを与え、リフトアップ効果により小顔に導きます。

品質の低下を防ぐためにも、施術の際には専用シザーと専用カットローションを併用していただくことを STEP BONE CUT の使用条件としております。

年会費・ライセンス費

個人 法人
初年度 無料 無料
2年目以降 5,000円/年 5,000円/年
基礎認定スタイリスト
テクニック認定スタイリスト
25,000円/年
マスター認定スタイリスト
テクニック認定スタイリスト
個人
初年度 無料
2年目以降 5,000円/年
法人
初年度 無料
2年目以降 5,000円/年
・基礎認定スタイリスト
・テクニック認定スタイリスト

25,000円/年
・マスター認定スタイリスト
・テクニック認定スタイリスト

資料請求